無料の保険比較 保険見直し 保険相談はこちらから

保険の事で、悩んでいませんか?

学資保険訴求バナー
保険を考える事において もう少し簡単に、
解りやすかったらいいのにと、思ったことはありませんか?

 

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し
万一の事故に対して備えるのが 保険 です。

 

ライフスタイルに合わせて、
保険を見直していくことが必要になってきます^^

 

ムダに高い保険料を支払っていませんか?
保険にムダなお金を払う前に
保険料を節約できる情報を知ることが大切だと思います^^

 

日本には公的な保障制度があります。
遺族年金や健康保険など制度があることをふまえて
民間の保険を検討すると「入りすぎ」などを防ぐことができます。

 

保険相談

 

年金とは?

年金は「老後の生活資金」というイメージが強いですが、
年金のひとつに、生計を維持していた方(父親や母親など)が亡くなった場合
支給される「遺族年金」があります。

 

民間の保険会社の「死亡保険」に入るときは、
こういった公的な保障もあることも理解して
保険金額を設定すると良いと思います

 

保険は本当に加入が必要なの?

死因の88%が病気死亡で 次に、老衰4.8%
不慮の事故3.3%自殺2.1%、その他と続きます。

 

一生涯の内でガンと診断される人は、
男性58.0% 女性43.1%
2人に1人がガンと診断されています。

 

 

私が思うに、88%が病気で、亡くなっており
ガンと診断される人の割合は 2人に1人です。
最低でも、がん保険 と 医療保険は押さえておきたいです。
 
あと、家族がいるなら、
死亡保障収入保証保険 にも入りたいですし

 

子供がいるなら、学資保険
ケガに心配なら、傷害保険
貯蓄重視なら、養老保険
老後の資金に、個人年金保険 

 

なども必要なら加入したほうがいいと思います。

 

公的な医療保険とは

日本では公的な医療保険制度により、
健康保険などが適用される場合の自己負担は、
基本的に70歳未満で3割におさえられています

 

病院で会計時にもらう領収書をみると、「負担割合」のところに「30%」などの
記載がありますがそれが自己負担の割合になります。

 

高額療養費制度は手続きが必要

医療機関や薬局も窓口で支払った額が
月の初めから終わりまで 一定額を超え場合に、
その超えた金額を支給する制度です。

 

例えば、70歳未満、年収約350〜約770万の方
100万の医療費で、窓口の負担分 3割が 30万かかる場合。

 

負担の上限額は、
80.100円 + (1.000.000円 − 267.000円) × 1% = 87.430円
212.570円を高額医療費として支給され、
実際の自己負担額は、 87.430円 です。

 

入院時の食事負担や差額ベット代は含まれませんので、注意して下さい。

 

公的な保険でカバー出来ない
自己負担分、差額ベット代、先進医療、
そして、治療中の生活費にも、備えられるように着目しましょう。

 

ライフスタイルに合わせた保険選びは、費用を抑えて
必要な補償を見つける事が大切です。

 

先進医療の平均費用はどのくらい?

先進医療とは?
公的医療保険の対象外で患者の全額自己負担となる医療技術について、保険診療との併用を認める制度。がんゲノム医療の場合、遺伝子検査>の技術費用は自己負担になるが、それ以外の>や検査に保険が適用され、患者の負担は軽くなる。厚生労働省一定の施設基準を設定し、基準を満たした医療機関>の届け出を認める。とあります。

 

 

 

トップへ戻る

 

 

保険の無料相談なら保険マンモス
このサイトで保険選びの「悩みがスッキリした」との声をたくさん頂いております!読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”がいい!

 

更新履歴